ウエディングフォトの写真写りを良くするためには、当日までの準備が重要。 21.03.29  (更新: 

ウエディングフォトの写真写りを良くするためには、当日までの準備が重要。

結婚式の写真は一生に一度、記念に残る大切なもの。
美しいドレス姿や、笑顔に満ちた幸せな様子など最高の状態で残したいですよね?

写真撮影がメインとなるフォトウエディングならなおさらです。

ところが、衣装やメイクに撮影ポーズなど事前にこだわって撮影にのぞんだのに、仕上がりがイマイチだった...
と感じる人が意外と多いといいます。

写真の印象は写真写りが良いか悪いかによっても大きく変わってきます。

せっかく衣装やメイクにこだわっても、写真写りが悪ければ納得のいくフォトウエディングにはならないでしょう。
本当に満足できるフォトウエディングにするために、撮影当日までにできるだけのことはやっておきたいところですね。

そこで少しでも写真写りが良くなるために気を付けるポイントをご紹介します。

まずは準備編。
撮影当日までにどんな準備をすればいいか見てましょう。

ウエディングフォト当日の写真写りを良くするポイントはこちらの記事をご覧下さい。

写真写りを良くする撮り方とポイントを理解して、最高のウエディングフォトに。

自然な笑顔になるよう練習しておく

普段着慣れていない衣装を身に着け、かしこまった雰囲気の中プロのカメラマンに撮影される...
いつもとは違う状況でなかなか自然な笑顔になれないこと多いですよね。

でも、ぎこちない表情のままでは良い写真にするのは難しいです。

そこで事前に彼と一緒に、いろんなポーズを考えながら笑顔の練習をしておくといいでしょう。

特に男性は写真を撮られることにあまり慣れていない人が多いようなので、前もって練習しておくことが重要です。

少し照れくさいかもしれませんが、楽しみながらやってみましょう。

ブライダルエステやネイルで磨きをかけて

フォトウエディングだし、ゲストも少ないからエステまでは...
と考える人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください!

ブライダルエステは結婚式で花嫁が一番美しくいられることを目的としているので、一般的なエステとは少し違います。

結婚式に向けて集中的に美しさを磨くために、結婚式までの期間を考えたスケジュールを立ててくれます。

もし結婚式まであまり時間がなく、数回しかエステが受けられないような場合でも、できるだけ効果が実感できるよう即効性のあるメニューを行うこともあります。

また通常のエステではされないような部分のケアも行われます。

例えば背中や肩、デコルテ、二の腕などのドレスから露出する部分。

こういった場所は普段あまり露出することのないところなので、ケアしている人も少ないと思いますが、ドレスを着ると人目につきやすい部分です。

自分ではなかなかケアできないこういった部分を美しくしてくれるのもブライダルエステの魅力です。
費用や期間に余裕があるならぜひ検討してみましょう。

さらにネイルケアも意外と外せないポイント。
実は手元は案外見られているパーツの一つ。

フォトウエディングではさまざまなシチュエーションで写真を撮るので、手元のアップなどもあるかもしれません。

そういった時に指先が荒れていたり、ネイルがはげていては良い写真にはなりませんよね?どこまでケアするかは人によりますが、撮影当日にベストな状態でいられるよう、費用や期間に余裕があるならぜひ検討してみましょう。

二の腕や小顔のエクササイズ

せっかくのキレイなドレス姿もたるんだ二の腕、むくんだ顔や二重あごではイマイチ...。
エステでも二の腕や顔のケアは行われますが、エクササイズを取り入れればなお効果的です。

エクササイズを続けるのはなかなか大変ですが、結婚式までの期間限定ですし、最高のドレス姿を残すためだと思えば頑張れるのではないでしょうか?

二の腕も小顔もいろいろなエクササイズがありますが、比較的簡単なものを2つご紹介します。

二の腕のエクササイズ

イスを使ったいわゆる「逆腕立て伏せ」エクササイズです。
少しキツイかもしれませんが、上半身に全体的に効くので、頑張ればキレイなドレス姿に近づけるかも?

  • 背筋を伸ばしてイスに浅く座ります。
  • 足を肩幅くらいに開いて前に伸ばし、イスの縁に手をかけます。
  • そのままの姿勢でゆっくり5つカウントしながら腰を下ろしていきます。
    ひじが90度に曲がるところまで腰を下ろしたら一旦ストップ。
  • そこからまたゆっくり5つカウントしながら元の姿勢に戻ります。

小顔エクササイズ

ほうれい線に効くことで有名な「舌回しエクササイズ」ですが、顔の筋肉を全体的に刺激するので、二重あごや小顔効果も期待できるんだとか。

  • 口を閉じ、舌を唇と歯茎の間に乗せます。
  • 左上の奥歯から右上の奥歯へ、歯茎をなぞるように舌をすべらせ移動させ、右上の奥歯から右下の奥歯、左下の奥歯へと口の中で下をゆっくりと一周させます。
  • (2)を10回繰り返します。
  • 今度は逆方向に同じように口の中で舌を一周させます。
  • (1)~(4)を1セットとしてこれを1日3セットすると効果的です。

※左方向、右方向どちらから始めてもOK。
ただし左右の偏りが出ないよう、両方同じ回数になるようしましょう。

万全の体調で撮影にのぞむためにコンディションを整えておく

美しさに磨きをかけるのも大切ですが、何より万全の体調で撮影にのぞめるようコンディションを整えておくことも重要です。

睡眠不足ではお肌の調子も悪くなりますし、体調を崩す原因にもなります。
体調が悪ければ撮影に集中できないのはもちろん、自然な笑顔どころではありません。

またウエディングフォトでは普段あまりしないような姿勢をしたり、少し無理な体勢をとらないといけないことがあります。
ドレスや着物が美しく見える所作や姿勢は、意外と体幹や筋肉を使うものなんです。

そういった美しい姿勢を保つためにも、体調を整えておくことは大切です。

ウエディングフォト当日の写真写りを良くするポイントはこちらの記事をご覧下さい。

写真写りを良くする撮り方とポイントを理解して、最高のウエディングフォトに。

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY