フォトウエディングに両親を呼んだ時の親の衣装に悩む。。家族が参加する意味って?21.06.02

フォトウエディングに両親を呼んだ時の親の衣装に悩む。。家族が参加する意味って?

結婚式や披露宴をせずに写真撮影だけ行うフォトウェディング。
通常の結婚式より手軽で費用も抑えられるため、人気の高い結婚式のスタイルです。

フォトウェディングでは新郎新婦のみ撮影して写真を残すのが一般的ですが、中には

「自分の花嫁姿を見てほしい」
「家族にもお祝いしてほしい」
「ドレス姿が見たいから参加したいと両親に言われた」

と、両親や家族の参加を希望する人も。

そういった声に応えるように、最近はフォトウェディングでも「家族と一緒の撮影OK」というプランを実施しているスタジオもあります。

フォトウェディングというスタイルであっても花嫁にとっては大事な結婚式、両親や家族を呼ぶべきなのか迷うところ。

そこで今回はフォトウェディングで家族が参加する場合に気を付けたいポイントをいくつか紹介します。
せっかくの記念日、家族にも一緒にお祝いしてもらいましょう!

家族は参加できる?

まずは家族がフォトウエディングに参加できるかどうか。
最近では「ご両親と一緒に」「家族もOK」など、家族参加型のプランを実施しているフォトスタジオも多いですが、フォトウエディングは新郎新婦2人だけで行うのが基本。

中にはそういった要望に対応していないスタジオもあるので、予約の前段階で家族も参加できるのか、確認しておかなければいけません。

また人数が増えればその分価格も高くなるはずなので、一般的なフォトウエディングと比べてどれくらい費用がかかるのか、前もって確認しておいた方がいいでしょう。

家族が参加するメリット

フォトウエディングに家族が参加した場合のメリットはいろいろありますが、一番は家族と思い出を共有できるということでしょう。

カップルだけで行うフォトウエディングは、2人きりのラブラブな雰囲気が写真に残せるのがいいところですが、家族との思い出としては印象が薄くなりがち。

でも両親や家族と一緒に撮影したりお祝いしてもらうことで、フォトウエディングでも家族の思い出として残すことができるんです。

また家族にも参加してもらえれば、実際にドレス姿を見てもらうこともできますし「結婚した」という実感もわいてきます。

費用を抑えつつ、家族全員のイベントとして結婚式を挙げられるという点で、フォトウエディングはとても魅力のあるウエディングスタイルと言えます。

家族が参加した時のデメリット

家族が参加した場合、メリットがある反面デメリットも出てきます。

まずは費用面。カップル2人で行うことが前提のフォトウエディングでは、両親や家族など2人以外の人が参加する場合、通常より料金が高くなることも。

人数が増えることによっておのずとカット数や撮影時間も増えますが、その場合追加料金が発生することがあるんです。

最近では家族も参加できるプランを用意しているスタジオもありますが、全てではありませんし対応していないスタジオもあります。
コストダウンを目的にフォトウエディングを選ぶのであれば、家族も参加する際の費用には注意が必要です。

また、両親や家族が参加することで撮影に集中できないというデメリットもあります。

家族の目が気になり緊張してリラックスできず、不自然な動きになってしまい、イマイチの写真になってしまったなんてことも...。
せっかくの思い出の写真がぎこちない表情になってしまっては残念ですよね。

さらにフォトウエディングでは、顔を寄せあったり、ハグ、キスなど2人のラブラブ写真を残すことが多いですが、やはり家族が一緒だと恥ずかしくて控えめになってしまう人も多いそうです。

特に男性は両親の前でイチャイチャするのはムリ!
と腰がひけてしまう人がほとんどのようなので、ラブラブな写真を残したいのであれば家族の参加をどうするか、時間で調整できないか、よく考えた方がいいかもしれません。

もし費用に問題がないのであれば、2人だけで行うフォトウエディングと家族も一緒に参加するフォトウエディングとを別々に2回に分けてもいいかもしれません。

家族や親の服装は?

家族も一緒に撮影となると、家族の衣装をどうするかも考えなくてはいけません。
新郎新婦と一緒に撮影するなら、やはり家族もフォーマルな服装の方がいいでしょう。

家族参加型のプランを実施している店舗のほとんどが、家族の分の衣装レンタルも行っています。
撮影するスタジオでレンタルすれば、わざわざ家族の衣装を別に用意しなくてもいいですし、主役の2人に合わせた衣装を選ぶことができます。

ただし家族分の衣装もレンタルすると、当然その分の費用がかかります。
通常のプランとは金額が変わってくるので注意が必要です。

もしどうしても費用を抑えたい、アットホームな雰囲気にしたいので衣装は揃えたくない、など理由があって家族分の衣装をレンタルしない場合は、ロケーション撮影にチャレンジしてみてもいいかもしれません。

屋外の広々とした場所での撮影なら、全員の衣装が揃っていなくても(多少雰囲気の違う服装でも)それほど違和感なく感じられるでしょう。

家族を呼んだら食事はどうする?

通常の結婚式と違いフォトウエディングは撮影のみ行うのが一般的で、基本的には食事は付いていません。
でも「家族も一緒に参加するのだから記念として食事会もしたい!」と食事会もセットで希望する人も多いです。

こういった要望をふまえて、最近は撮影に食事会が付いたプランを実施しているところもたくさんあります。
また食事会がセットになっていない場合も、撮影を終えてから別の会場で食事会を行うという方法も。

フォトウエディングであっても通常の結婚式と同じようなスタイルで式を行うことができるんです。

ただし食事会を一緒に行う場合、いくつか注意しないといけない点があります。

まずは会場選び。食事会付きのプランを実施しているところでは、スタジオやホテルなどが会場もセッティングしている場合がほとんど。
すでに会場が決まっているプランもあれば、いくつかの候補の中から会場が選べるプランなどその内容はさまざまです。

いずれにしても食事会付きプランにセットされている会場は、スタジオに併設されていたり撮影場所に近いところが多いので、着替えなどがある場合も余裕をもって移動できます。

また自分たちで一から会場を探すのは大変ですが、スタジオやホテルが用意している会場なら安心ですし、会場選びに苦労することもないでしょう。

とはいえせっかく食事会に参加してもらうのですから、ゲストへの配慮は必要です。

例えば小さい子供が参加するのであれば個室が利用できるプライベート感のある会場を、年配の方が参加するのであればスタジオに近くて移動が少ない会場にするなど、参加する方の状況を考えて決めるようにしましょう。

さらに食事の内容も、できるだけゲストの年齢層や食事の好みに合わせたメニューにした方がいいですね。
中にはアレルギーがある人もいるかもしれませんし、年配の方は洋食や中華より和食の方が喜ばれるかもしれません。

可能であれば、苦手なものや食べられないものがないかを参加する予定の方にあらかじめ確認しておくのもいいでしょう。

家族も参加する場合の費用はどうなる?

フォトウエディングの場合、両親や家族など新郎新婦以外の人が参加しても基本的に料金は変わりません。
これはフォトウエディングの料金が人数ではなく撮影枚数によって決まるから。

ただし家族の分の衣装をレンタルしたり、ヘアメイクをお願いする場合は追加料金がかかり、通常の料金より高くなります。

さらに「ペットも家族の一員」としてペットも一緒に撮影できるプランも増えてきています。
もしペットも参加する場合ペットの衣装をどうするかですが、ペット参加型プランを実施しているスタジオのほとんどが、ペットの衣装レンタルも行っています。

ただしスタジオによっては衣装のレンタルがなく、自分たちで用意しないといけない場合もあるので、衣装レンタルについては事前に確認しておきましょう。

またペットが参加する場合の料金は、基本的に通常のフォトウエディングと変わりませんが、ペットの衣装をレンタルすると若干料金が高くなります。

他にもフォトウエディングと食事会をセットにする場合、その費用はゲストの人数、会場の規模、食事の内容などでかなり金額に差が出てきます。
いくらくらいかかるか一概には言えませんが、だいたい数万円~30万円程度が費用の相場と考えていいでしょう。

一例をあげると、フォトウエディングに6名の食事会付きで

  • 衣装2着
  • ヘアメイク
  • 小物一式
  • プロカメラマンによる撮影料
  • 料理・飲み物・ケーキ代
  • 会場の音響・照明・印刷物

など・・・

297,000円(税込)

やはり食事会を行わないフォトウエディングより少し割高になりますが、一般的な結婚式が数百万円かかることを考えれば、食事会を付けてもかなりコストダウンすることができます。

このように両親や家族を招いて行うフォトウエディングは、費用を抑えながらもきちんと家族の思い出を残せる、魅力的な結婚式スタイルと言えそうです。

  • 広告
  • 広告
PageTop

CATEGORY